シトルリンの効果と副作用について

シトルリンとはアミノ酸の一種で、はじめはスイカの中で発見されました。主に健康食品に用いられています。今は健康食品の主な成分で、サプリメントとして利用されていて、疲労回復や、健康促進、精力アップなどの精力剤にもよく用いられています。
それはシトルリンにはアルギニンに変換され、一酸化窒素を生成できます。または一酸化窒素は血管をしなやかに拡張する作用がアルタ目、血流改善することができます。だからシトルリンは主に男性の精力アップ、勃起促進、性欲改善などの男性性機能改善のためのサプリに用いられています。
ただ、あからさまに増大効果を謳う、悪質な精力剤には注意してください。シトルリンだけでペニスを成長させるのは不可能です。仮に大きくなったとしても増大というより、EDのような不完全だった勃起が100%勃起するようになるだけです。
シトルリンが血管が強く丈夫にすることで、筋肉繊維そのものが太くなるので、筋肉増強にとても有効と言われています。
さらに、シトルリンは「成長ホルモン」の分泌を促す効果があると言われています。成長ホルモンは骨を作ったり、筋肉を作る働きがあり、筋トレなどで損傷した筋肉を運動後や睡眠中に修復するので、筋肉組織を増大させる作用が強まるというわけです。
そして、シルトリンは血管を拡張する作用があるため、女性の冷え性を改善することもできます。そのため、冷え性を改善するサプリの多くにはシルトリンが主成分として用いられています。
また、筋肉疲労により発生した「アンモニア」を肝臓で解毒し尿素に作り変えたり、疲労物質でおなじみの「乳酸」を減らす効果があるので、筋肉痛を軽減させたり、疲労回復にも効果があります。
しかしサプリの中で用いられているシトルリンは患者にとって医薬品の一つで、患者様の個人体質のために、基本的に副作用がないシルトリンには服用禁止の場合もあります。例えば、シルトリンは血管を拡張する作用があるため、血圧が下がる可能性がありますので、降圧剤の投薬している方は摂取することはなるべくさけたほうがいいと思います。あるいは血管に病気がある方はかかりつけの医師と相談してからの服用がお勧めします。