シトルリンの副作用の詳細情報

シトルリンは1930年に発見された成分で、血流を促進し筋肉増強や美肌効果も期待できることから、男性だけでなく女性からも支持を集めているサプリです。血行を良くし、疲労回復や筋力増強などの効果が目立っていますが、シトルリンは副作用がありますか?本文では、シトルリンの副作用の詳細情報についてご紹介します。

シトルリンは、スイカに特に多く含まれている成分で、基本的には誰でも摂取しても問題はありません。ただし、血流を促進する効果があるため、血管に疾患を持った方は注意が必要です。シトルリンの副作用の症状としては、興奮性亢進、多呼吸、哺乳不良、痙攣、硬直、嗜眠、昏睡、嘔吐、精神身体発育遅滞、意識障害、異常行動などの副作用があります。

シトルリンの副作用の中で、頭痛も、そのうちの一つです。頭痛が起きる仕組みとしては、シトルリンの血流促進効果によるものです。血流促進効果は、ほとんどの場合は、私たちの体に良い影響を与えますが、効果が行き過ぎると、頭の血管が拡張して、脳を圧迫し頭痛を引き起こすのです。

もう一つの副作用「シトルリン血症」と呼ばれる病気を患ってる方は摂取を控える必要があります。アンモニアを尿素に変える過程に異常をきたし、血中のアンモニア量が増加して、成人であれば精神症状、けいれん、肝不全など多種多様な病気を引き起こすというものがあります。稀な病気ではありますが、もしかしたらという事もあるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です