シトルリン男性勃起障害改善不可欠な物質

シトルリン(Citrulline)とは、アミノ酸の一種で尿素回路を生産している化合物の1つです。シトルリンは、1930年に日本でスイカの物質の中 から発見されたため、スイカの学名であるシトルラス ブルガリス(Citrullus vulgaris)にちなんで名付けられました。

シトルリンは血管の機能活性のためには不可欠な物質とされており、血管を拡張して血行を向上したり、血管を強くしなやかに保つ効き目があります。また、このよ うな血流改善効き目のほか、むくみの改善、冷えの解消、新陳代謝の向上、精力増強効き目、疲労回復効き目、筋肉増強効き目など様々な効き目を持ちます。
男性勃起障害改善メカニズムの物質として有名
シトルリンは、血流改善作用を有しています。勃起は、海綿体に流れ込む血液によりもたらされるため、血流改善作用により精力増強にも効き目が期待出来ると言 われています。また、シトルリンを服用していくことで全身が元気になることで、性欲が増すのではないかとも考えられています。

ただ、シトルリンにはペニスを成長させる効き目はないとするのが一般的です。シトルリンが含まれた男性勃起障害改善メカニズムの中には、あからさまにペニスの増大効き目を謳うものがありますが、これは誇大広告の可能性があります。

シトルリンによりペニスが大きくなったと感じるのは、ペニスが成長したのではなく、EDなどのように勃起不全だったものが100%勃起するようになって大きくなったと感じるためです。
スイカの中から見つかった
シトルリンは、1930年に日本においてスイカから発見された物質です。シトルリンという名称自体もスイカの学名であるシトルラスブルガリスから取られています。

シトルリンは、スイカの原種とも言われるカラハリ砂漠の野生スイカに多く含まれていることから、シトルリンは強い日差しと乾燥した過酷な環境で生存するために重要な役割を持つ物質であると考えられています。